AirPods Pro

【30秒で紹介】AirPods Proをケースから落とさずに取り出す方法

【30秒で紹介】AirPods Proをケースから落とさずに取り出す方法
あなた
あなた
AirPods Proをケースから落とさないで取り出す方法ない?

逆に間違った取り出し方は?

AirPods Proを大切に使っていきたいです!

こんな悩みに答えます。

記事の内容
  • AirPods Proをケースから落とさずに取り出す方法を30秒で紹介
  • 間違った取り出し方も紹介
  • AirPods Proにできるだけキズをつけない使い方

ボクは何度か落としてしまい、小さなキズがついてしまいました…。

でもこれから紹介する取り出し方を知れば、大切なAirPods Proにキズひとつかないで取り出すことができます。

30秒でぱぱっと紹介するからマジで見てほしい。

読み終わるころには、AirPods Proをケースから落とさずに取り出せるようになってます。

AirPods Proをケースから落とさずに取り出す方法

さっそくケースから落とさずに取り出す方法です。

2〜3回見てください。

コツはケースのふたに指を入れながら、指の腹でつまむようにして手前に引く感じです。

自分のAirPods Proでやってみましょう。

何回かやるだけで、すぐにコツを覚えます。

次はよくある間違った取り出し方を紹介しますね。

もう間違った取り出し方をしないためですよ!(過去の自分に向けて)

 

【絶対ダメ】間違った取り出し方

よくあるのはこんな取り出し方。

真上に持ち上げるようにして取ると、スベって落としてしまいます。

AirPods Proを落としてしまうと、マジで大変です。

  • 落としてキズつく
  • 故障して音楽が聞こえなくなる
  • もう一回新品を買う羽目になる
  • 修理に出して、数週間使えなくなる

こんな風に悩む前に、安全に取り出せるようになりましょう。

 

<スポンサーリンク>

AirPods Proにできるだけキズをつけないために

100%キズつかない方法はありませんが、99%キズつかない方法はあります。

できるだけAirPods Proにキズつけたくない人は必見です。

  • ぴったりのイヤーチップをつける
  • つける角度を調整する
  • アクセサリーを使う

順番に見ていきましょう。

 

ぴったりのイヤーチップをつける

耳にあうイヤーチップをつけていますか?

もし買ったときのまま使っていたら、耳にあってない状態で使ってる可能性があります。

耳にあってないイヤーチップを使っていると、耳から落ちやすいだけではなく、ノイズキャンセリングを十分に使えません。

耳にぴったりと収まるイヤーチップを使えば、ノイズキャンセリングの効果も上がり、最高の音質を楽しめます。

引用元:ぴったりサイズのAirPods Proイヤーチップを選び、イヤーチップ装着状態テストをする

少しもいいことないので、自分に合うイヤーチップを使いましょうね。

耳にあうイヤーチップを使う方法は、装着テストをするだけでバッチリです。

詳しくは“失敗しない装着テストのやり方を1分で紹介”という記事で紹介しています。

【AirPods Pro】失敗しない装着テストのやり方を1分で紹介
【AirPods Pro】失敗しない装着テストのやり方を1分で紹介AirPods Proの失敗しない装着テストのやり方を1分で紹介しました。失敗する人はもちろん、AirPods Proを使いこなせてるか不安な人は必見です。...

使いはじめた人にもわかりやすく解説しているので、チェックしてみてください。

 

つける角度を調整する

AirPods Proをつける角度を調整するだけで、耳から落ちづらくなります。

ボク
ボク
いやいや、そんなバカな…

とボクも思ってましたが、試してみると一回も耳から落ちないんですよね。

騙されたと思ってやってみてください。

むしろつける角度だけで、AirPods Proにキズつかなかったらすごいと思いません?

 

アクセサリーを使う

AirPods Proに少しのキズもつけたくない人は、アクセサリーを使いましょう。

アクセサリーは主に2種類あります。

  1. イヤーフック型
  2. ネックストラップ型

たしかにアクセサリーを買うにはお金がかかります。

でもAirPods Proを新しく買ったり、修理に出す手間暇を考えたら、アクセサリーのコスパは最強です。

AirPods Proを大切にしたい人は、今すぐ買うべきです。

 

イヤーフック型

イヤーフック型は、耳にかけるアクセサリーになります。

コードがないので、リュックやカバンの中で絡む問題もありません。

それにパッと見ても、付けてる感じがしないです。

でもつけたまま充電できないデメリットもあるんですよね。

見た目を重視する人は、イヤーフック型をどうですか?

 

⦅ネックストラップ型⦆

ネックストラップ型は、首にかけるアクセサリーになります。

短いコードを首にかけるので、イヤーフック型より失くしづらいのが特徴です。

でもコードがあるので、絡まったり見た目に違和感を感じる人もいるでしょう。

“とにかくキズつけたくない!”こんな人にネックストラップ型がおすすめ。

どちらも一長一短なので、自分にあうアクセサリーをつけてみましょう。

 

<スポンサーリンク>

【まとめ】AirPods Proを安全に取り出す方法

改めてAirPods Proをケースから落とさないで取り出す方法を紹介します。

コツはケースのふたに指を入れながら、指の腹でつまむようにして手前に引く感じです。

自分のAirPods Proで何回かやってみてください。

間違った取り出し方も紹介してるので、確認してくださいね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

だいち〈@daiti_Patagonia〉でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です