AirPods Pro

【AirPods Pro】失敗しない装着テストのやり方を1分で紹介

【AirPods Pro】失敗しない装着テストのやり方を1分で紹介
あなた
あなた
AirPods Proの失敗しない装着テストのやり方を知りたいな〜

装着テストでも問題が解決しないときの対処法は?

こんな悩みを解決できる内容になってます。

記事の流れ
  • AirPods Proの失敗しない装着テストを1分で紹介
  • 装着テストでも解決しない3つの問題と解決法

AirPods Proを使い始めて約7ヶ月の経験と、公式サイトを参考に紹介していきますね。

読み終わるころには、装着テストを簡単にできるようになっています。

しかも、これまでよりAirPods Proを使いこなせるようになってますよ!

AirPods Proの失敗しない装着テストを1分で紹介

さっそく装着テストのやり方を5ステップで紹介します。

  1. AirPods ProとiPhoneをつなげる
  2. AirPods Proを耳につけて、“設定→Bluetooth”の順にタッチ
  3. つないでるAirPods Proの“ⓘ”をタッチ
  4. “イヤーチップ装着状態テスト”をタッチ
  5. “続ける→▷”の順にタッチ

慣れると1分もかからないで、できるようになりますよ。

 

AirPods ProとiPhoneをつなげる

まずはいつも通り、AirPods ProとiPhoneをつなげましょう。

 

AirPods Proを耳につけて、“設定→Bluetooth”の順にタッチ

つなげたらAirPods Proを耳につけて、“設定→Bluetooth”の順にタッチする。

 

つないでるAirPods Proの“ⓘ”をタッチ

つないでるAirPods Proの“ⓘ”をタッチする。

 

“イヤーチップ装着状態テスト”をタッチ

画面下にある”イヤーチップ装着状態テスト”をタッチします。

 

“続ける→▷”の順にタッチ

最後に“続ける→▷”の順にタッチしましょう。

 

自分の耳に合ってるAirPods Proを使っていれば「密閉されています」と表示されます。

 

失敗しない3つのコツ

装着テストが失敗する理由は、以下の3つが原因かもしれません。

  1. 少し押し込んでみてください
  2. 付属のイヤーチップは合わない
  3. イヤーチップちゃんとついてる?

順番に解説していきましょう。

 

少し押し込んでみてください

押し込みすぎると痛いので、少し奥に入れてみてください。

それでも失敗する人は、小さいサイズで試してみましょう。

Sサイズでも失敗するなら、付属のイヤーチップでは合わないので、イヤーチップを買う必要があります。

 

付属のイヤーチップは合わない

付属のイヤーチップが合わない人は、イヤーチップを買うことをおすすめします。

なぜなら耳に合わないイヤーチップを使うと、いくつかのデメリットがあるからです。

  • 耳から落ちやすい
  • 耳が痛くなりやすい
  • ノイズキャンセリングがうまく機能しない

せっかく3万円もしたAirPods Proです。

上手に使いこなしませんか?

各サイトでイヤーチップを探す

Amazon 楽天

Yahoo!ショッピング 

 

イヤーチップちゃんとついてる?

そもそもイヤーチップがちゃんとついてない可能性があります。

このように黒い部分が見えてなければちゃんとついてます。

少しでも黒い部分が見えているなら、ちゃんとついていない証拠です。

ちなみに、イヤーチップの正しい外し方を知ってますか?

力任せに取ると壊れちゃうので、安全に外しましょう。

詳しくは、“AirPods Proのイヤーチップを安全に外す方法”をチェックしてみてください。

【簡単】AirPodsproのイヤーチップを安全に外す方法を紹介します
【簡単】AirPods Proのイヤーチップを安全に外す方法を紹介しますAirPods proのイヤーチップを簡単かつ安全に外す方法を紹介します。外しても違和感がある人に向けて、自分に合ったイヤーチップを使う方法も紹介しています。...

無理に取ると壊れてしまい、余計なお金がかかりますからね。

めんどくさい気持ちもわかりますが、一回でいいから見てほしいです。

 

<スポンサーリンク>

装着テストでも解決しない3つの問題と解決法【AirPods Pro】

あなた
あなた
装着テストで直ると思ったのに、全然解決しない…

そもそも装着テストをやろうと思った理由は、主に以下の3つだと思います。

  1. 耳から落ちる
  2. 耳に合わない
  3. ノイズキャンセリングが弱い

解決法をそれぞれ紹介していきますね。

 

耳から落ちなくなる5つの対策

AirPods Proが耳から落ちなくなる5つの対策【もう落ちない】
AirPods Proが耳から落ちなくなる5つの対策【もう落ちない】AirPods Proが耳から落ちなくなる5つの対策を紹介してます。意外と簡単にできることなので、耳から落ちる人、落ちそうで不安な人は見てみてください。...

ネタバレすると以下の5つです。

  1. 装着テストをする
  2. アクセサリーを使う
  3. つける角度を調整する
  4. 服を着るとき、脱ぐときは外す
  5. 専用のピアス・イヤリングをつける

ボクも何度か落としてキズをつけたり、なくしそうになりました。

でも5つの対策で、2度と落さなくなりましたよ!

AirPods proを大切に使いたい人は必見です。

 

耳に合わない3つの原因を解決します

【簡単】AirPods Proが耳に合わない3つの原因を解決します
【簡単】AirPods Proが耳に合わない3つの原因を解決します「AirPods Proのイヤーチップが合わない…」「耳から落ちるし、耳が痛い…」こんな悩みを解決できる内容です。AirPods Proを快適に使いたい人は必見。...

これも答えだけ紹介しちゃいます。

  1. 耳から落ちる
  2. 耳が痛い
  3. ノイズキャンセリングが物足りない

耳に合わないのは、主にこの3パターンです。

丁寧に解説しているので、ひとつずつ解決していきましょう。

 

ノイズキャンセリングが弱いときの対処法6つ

AirPods Proのノイズキャンセリングが弱いときの対処法6つ
AirPods Proのノイズキャンセリングが弱いときの対処法6つAirPods Proのノイズキャンセリングが弱いときの対処法を6つ解説しました。「ノイズキャンセリングが弱い気がして、音楽や動画の音質が聞こえづらい…」こんな人は必見です。...

最後もネタバレしちゃいます。

  1. ノイズキャンセリングがONじゃない
  2. ファームウェアバージョンが最新じゃない
  3. イヤーチップがあってない
  4. メッシュ部分が汚い
  5. リセットする
  6. Appleサポートに連絡する【最終手段】

ノイズキャンセリングのために、AirPods Proを買った人もいるはずです。

それなのにノイズキャンセリングがうまく機能しないのは萎えますよね。

対処法が6つもありますが、初心者でもわかりやすく解説しています。

チェックしてみてくださいね。

 

<スポンサーリンク>

まとめ:装着テストでAirPods Proを使いこなそう

改めて、失敗しない装着テストのやり方を紹介します。

  1. AirPods ProとiPhoneをつなげる
  2. AirPods Proを耳につけて、“設定→Bluetooth”の順にタッチ
  3. つないでるAirPods Proの“ⓘ”をタッチ
  4. “イヤーチップ装着状態テスト”をタッチ
  5. “続ける→▷”の順にタッチ

AirPods Proを使い始めた初心者にも、わかりやすく解説しました。

それでも失敗する人は、3つの原因があるかもしれません。

  1. 少し押し込んでみてください
  2. 付属のイヤーチップは合わない
  3. イヤーチップちゃんとついてる?

ひとつずつ確認していきましょう。

これで絶対にエラーは起きません。

他にもAirPods proを使いこなせる記事を書いてます。

AirPods Proの充電を長持ちさせる9個の方法【公式にも聞いてみた】
AirPods Proの充電を長持ちさせる9個の方法【公式にも聞いてみた】AirPods Proの充電を長持ちさせる方法を解説しました。「最近充電が早く減るように感じる」「AirPods Proを長い期間大切に使いたい」こんな人は必見です。...
AirPods Proをフル充電したら何時間もつの?【検証してみた】
AirPods Proをフル充電したら何時間もつの?【検証してみた】AirPods Proをフル充電したら何時間もつのか検証しました。独自のルールを元に検証した結果と、公式の見解を組み合わせて解説しています。AirPods Proを何時間使えるか気になる人は必見です。...
AirPods Proにケースは必要?いらない?【それぞれ解説します】
AirPods Proにケースは必要?いらない?【それぞれ解説します】AirPods Proにケースはいるのか?いらないのか?それぞれ解説しました。AirPods Proのケースを買うか悩んでいる人は必見です。...

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

AirPods Proが大好きなだいち〈@daichi_nomad 〉でした。