ブログ運営

10倍売れるWebコピーライティングはブログ初心者でも理解できる

【要約&感想】10倍売れるWebコピーライティングを読んでみた

「なんか難しそうなタイトルだけど、理解できるか不安…」

安心してください。ブログ初心者のぼくでも理解できました。

しかも、中身はシンプルかつわかりやすい。

モノを売るにはルールがあるんですが、そのルールの『基礎』がわかる本となってます。

この本を読んだ後にブログを書いたら、1週間もしないで商品が売れました。

ブログやアフィリエイトなど、文章でモノを売りたいあなたにぴったりです。

本の中身を先に知りたい人はこちらをどうぞ。

【要約&感想】10倍売れるWebコピーライティングを読んでみた

10倍売れるWebコピーライティングはブログ初心者でも理解できる内容です

この本のタイトルを読んでも、なにがなんだかさっぱりわからないあなたにも、ある程度の内容がわかる本となってます。

セールスライティング?

コピーライティング?

なにそれ?おいしいの?

この本を読むまではこんな感じでしたが、今ではそこそこわかるようになりました。

どんな内容になっているか解説しましょう。

 

初心者でもすぐにモノが売れる

この本を読んだ後に記事を書いたら、1週間もしないで商品が売れました。

モノを売った自分でもびっくりしましたね。ウソみたいなホントの話です。

どの順番で、どんな内容で、どういうやり方で書けばモノが売れるのか。

具体的なことが書かれているので、初心者でもわかりやすい内容です。

 

モノが売れるルールを知れる

以下の10個の要素を組み合わせるだけでモノが売れる文章を書けるようになります。

◇キャッチコピー
①キャッチコピーのテンプレート

◇ボディコピー
②結果パートの材料
③実証パートの材料
④信頼パートの材料
⑤安心パートの材料

◇クロージングコピー
⑥簡便性の材料
⑦希少性の材料
⑧特典
⑨保証

◇追伸
⑩追伸の材料

各パートの集め方や組み合わせ方、そして書き方まで詳しく解説しています。

ここで一つ必ず覚えてほしいことが。

それは“コピーライティングの仕事はリサーチで決まる”ということ。

ブログやアフィリエイトなどは文章を書く部分がメインになりがちですが、そうではないんです。

書くことよりも、書くことを集める方が大切です。

この本で一番学んだ言葉ですね。

そしてなにを書くのか、すなわちリサーチ力をこの本で鍛えることができました。

 

著者はバズ部です

バズ部といえばブロガーさんやアフィリエイターさんが必ず耳にする有名な企業。

ツイッターのフォロワー数も約6,000人。(2019.12.19の時点)

さらに、月収800万ブロガーのマナブさんが

「セールスライティングする際の型が紹介されていて、とても参考なった。」

と絶賛するほどの本になってます。

 

今でもたくさんの人に読まれる本

2014年5月に初版が発行されてから、翌年の2015年1月には第2版が発行されています。

さらに、ツイッターで10倍売れるWebコピーライティングと調べると、最近でもよく読まれているのがわかります。

一部ピックアップしました。

初版から5年半以上経った今でも読まれているのが、安心に繋がると思います。

 

<スポンサーリンク>

10倍売れるWebコピーライティングのもう少し知りたかったところ

あえてあげるとしたら二つです。

ところどころの例え話が少し長い

もっと具体的に解説してくれてもうれしい

 

ところどころの例え話が少し長い

例え話があるおかげで読みやすく、わかりやすいんですが。

例え話が長いので、結論に行くまでの時間が少し長いと感じました。

でもおかげで「自分はこういう風に書こう」

って考えが生まれるのである意味いいとは思います。

 

もっと具体的に解説してくれてもうれしい

ブログ初心者でもめちゃめちゃわかりやい内容なんです。

“せっかくモノを売るルールをある程度分かったんだから、もっと具体的に解説してもいいのに”

って後半になって薄々感じました。

何度も伝えてますが、モノを売るルールを理解できる本です。

なので、中級者は少し具体的に解説してる本を買ってもいいかもしれません。

 

<スポンサーリンク>

10倍売れるWebコピーライティングを読んでみた感想

中古だと1,500円もあれば買えるんですが、マジでお得です。

それが3つの理由から説明できる。

2〜3時間もあれば読めるのに内容が濃い

いますぐ真似できる技術が書かれている

逆に買わないと損(かも)

順番に解説しましょう。

 

2〜3時間もあれば読めるのに内容が濃い

約140ページの本なので、2〜3時間もあれば読めます。

そのくせにこの内容はマジでお得。

著者である森山裕彬さんは、元電機屋さんで働いておりその経験からこの本を書いてます。

営業時代の具体的な話を元に書かれているので、わかりやすい。

 

いますぐ真似できる技術が書かれている

モノを売るルールが書かれています。

なので、各パートの集め方や組み合わせ方、そして書き方をマネするだけでOK。

以下の10個がモノを売れる文章の材料です。

◇キャッチコピー
①キャッチコピーのテンプレート

◇ボディコピー
②結果パートの材料
③実証パートの材料
④信頼パートの材料
⑤安心パートの材料

◇クロージングコピー
⑥簡便性の材料
⑦希少性の材料
⑧特典
⑨保証

◇追伸
⑩追伸の材料 

この本を読んであなたもマネしましょう。

 

逆に買わないと損(かも)

こんなに良質な本なのに、買わない理由ありますか?

過去の自分に伝えたいです(笑)

もっと早く買えばよかった…。

それぐらい濃密な本です。

 

<スポンサーリンク>

10倍売れるWebコピーライティングを読んでモノを売りましょう

この本を読むだけでモノを売れるルールが身につき、そしてその通りに書くことができます。

早ければ1週間もしないで売ることも可能。

ブログ初心者のぼくでさえ、この本を読んだ後にブログを書いたら、1週間もしないで商品が売れたんです。

中古で1,500円もしない。しかも2〜3時間もあれば読めるこの本を買わない理由を逆に知りたい。

この本を読まないとモノを売る基礎をわからないまま、モノを売ろうとしているのと同じ。

ブログ初心者はもちろん、文章でモノを売りたい人は必須の本になってます。

セールスライティングについてもっと知りたい人向けの本2冊

もっと貪欲にセールスライティングについて勉強したい!

こんな人のためにセールスライティングの本をさらに2冊オススメします。

チェックしてみてください。

 

セールスライティング・ハンドブック(ロバート・ブライ著)

この本は約35年も前にアメリカで発売されていますが、いまだに売れている良本です。

第一章は“セールスライティングとは”というタイトルになっていて、セールスライティングについて深くわかる本となってます。

40ページほど読めるので読んでみませんか?

こちらをタッチして40ページほど読んでみてください。

さらに気になった人は下記のURLをタッチして、深掘りしてみましょう。

【感想】セールスライティング・ハンドブック(ロバート・ブライ著)について

 

全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術

タイトルがとてつなくダサいですが良本です。

ブログ収益が1,000万のマナブさんもオススメしています。

セールスライティングを学びたい人はチェックしてみましょう。

【感想】10倍売る人の文章術について【ジョセフ・シュガーマン著】

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

だいち〈@daichi_nomad 〉でした。