カメラ

初心者におすすめ!ソニーα5100のレビュー!【2年使った感想】

カメラがほしい…!と、思ったのもつかの間。

カメラの種類が多すぎて、どれを買えばいいのか途方に暮れてました。

そんなときに出会ったカメラが、このSONY α5100です。

✔︎出かけることが多い
✔︎インスタ用に撮りたい
✔︎カメラで簡単に撮りたい
✔︎スマホよりキレイに撮りたい

いろんな理由でカメラを選ぶと思います。

ぼくもそうでしたが、初心者によくあるのはカメラの種類が多すぎてどれを買えばいいかわからないこと

そこで、このSONY α5100の出番です。

5つの家電量販店のカメラ担当の店員さんに

カメラ初心者なんですが、どれがおすすめですかね?

と聞いてみたところ、全ての店員さんが

カメラ初心者の人はSONY α5100がおすすめですね!

発売から5年以上経っているんですが、いまだに第一線で活躍してます!

と、SONY α5100の機能と便利さを説明をしてくれました。

それがこのカメラを買う決め手です。

店員さんの説明と、このカメラを2年以上使っているぼく視点でレビューします。

初めてカメラを買う人は、ぜひ読んでみてください。

 

初心者におすすめ!SONY α5100のレビュー!

よかった点でも説明しますが、カメラ担当の店員さん全員が口を揃えて同じようなことを言いました。

「簡単でキレイに撮れるし、小さいので持ち運びが楽!。発売されて数年経ちますが、スペックは未だにいいですね!カメラ初心者といえば、このSONY α5100です!」

5つの家電量販店のカメラ担当の店員さん全員ですよ?

これってすごいですよね。これがこのカメラを買う決め手でした。

もう1つこのカメラを買う決め手があります。

それは、接客してくれた店員さんに“カメラ初心者”アピールをしたところ、その店員さんが約15,000円も安くしてくれました。

店員さんいわく普段は滅多にやらないようなので、ラッキーでした。(笑)

この2つがぼくがこのカメラを買う決め手です。

 

<スポンサーリンク>

SONY α5100のよかった点

よかった点をまとめるとこんな感じです。

順番に説明していきます。

・軽い

・コンパクト

・持ち運びやすい

・動画を簡単に撮れる

・自撮りも簡単に撮れる

・スマホで遠隔操作できる

・その場でスマホに送れる

・初心者でもキレイに撮れる

 

軽い

本体+バッテリーで約280gになります。

iPhone7が約140gなので、iPhone7が二個分です。

この重さなら女性でも簡単に持ち運びできますね。

 

コンパクト

大きさはこれぐらいです。

箱ティッシュの3分の1ぐらいです。

普段の外出はもちろん、旅行でも問題ないですね。

 

持ち運びやすい

5Lのポーチに入れてますがこれぐらいでちょうどいいですね。

持ち運びやすいのは女性に嬉しいと思います。

 

動画を簡単に撮れる

MOVIEボタン1つで簡単に動画を撮れます。

スマホより簡単に、しかも高画質で撮れるのでおすすめ。

 

自撮りも簡単に撮れる

液晶画面が180度回転して自撮りが撮れます。


↑これが


↑こうなります。

軽いので女性でも片手で自撮りが可能です。

 

遠隔シャッターができる

Imaging Edge Mobile」というアプリとカメラを連動することで、遠隔シャッターができるようになります。右のオレンジ色のアプリです。

ケータイでカメラのシャッターが押せるので、大人数での撮影も可能です。

 

その場でスマホに送れる

これも「Imaging Edge Mobile」というアプリとカメラを連動することで、その場でスマホに送れます。

これまではカメラ→パソコン→スマホだったのが、このアプリを使うことでカメラ→スマホになるので、めちゃめちゃ楽です。

しかも、送るスピードがかなり早いです。

試しに10枚ほど送りましたが、かかった時間はおよそ5秒。これなら移動中や遊んでいる最中に送れますね。

さらに、その場で撮った写真をSNSにリアルタイムで載せることもできます。

 

初心者でもキレイに撮れる

これが一番よかった点ですね。初心者でも、このカメラならキレイに撮れます。

実際にSONY α5100で撮ってみた」という目次で、作例をお見せします。

<スポンサーリンク>

SONY α5100のわるかった点

わるかった点をまとめるとこんな感じです。

順番に説明していきます。

・細かい設定が難しい

・充電しながら操作できない

・慣れてくると物足りなくなる

 

細かい設定が難しい

はっきり言って細かい設定は難しいです。

でも、設定に頼るということはまだ初心者の証拠だと思うので、カメラ初心者はこのカメラで十分物足ります。

 

充電しながら操作できない

充電している間カメラは全くいじれません。

でも、バッテリーが短いわけではないので安心してください。

静止画で約400枚、動画撮影時間は約75分撮れるので初心者には十分かと思います。

心配ならモバイルバッテリーがあるといいですね。



充電中の画面です。どこ触っても反応なし。

 

慣れてくると物足りなくなる

このカメラは初心者向きなので、慣れてくると物足りなくなるということです。

細かい設定が難しいので、中級者レベルになるとこのカメラを不満に思うはず。

でも逆に、このカメラ一台でペーペーカメラマンから中級カメラマンまで成長できるので、それはこのカメラの長所だと思います。

 

<スポンサーリンク>

ここまでよかった点とわるかった点をあげましたが、では実際にこのカメラで撮った写真を見てみましょう。

注目するのは画質!スマホとは天と地の差です!

めちゃめちゃ画質いいですよね。これ全部ぼくが撮った写真です。

ペーペーカメラマンのぼくですよ?

初心者でもこれだけキレイに撮れるのは、このカメラだけかもしれません。

 

改めて初心者におすすめしたいSONY α5100

「カメラ始めてみたいな〜」と、思っているそこのあなた。

改めてカメラ初心者には、このSONY α5100をおすすめします。

ぼくはもうちょっと早く買っておけばよかったな〜ってけっこう後悔しています。

それぐらい簡単に撮れて、なおかつキレイに撮れます。

今後カメラの腕を磨きたい方にもおすすめです。

たくさん写真を撮って、たまに写真を見返して”しみじみ”してください。

今買わないとまた一からカメラを選んで、結局買わないパターンだと思うので、早めに買うのがおすすめです。

 

最後にアクセサリー類をご紹介します。

簡単にいうと、三脚やカメラケースなどのオプションですね。

もちろん買わなくても写真は撮れますが、あった方が写真がキレイに撮れたりカメラに傷をつけにくくすることもできます。

 

SONY α5100のアクセサリー

アクセサリー類の主な役割は、カメラの保護です。

初心者にありがちなのが、本体やメモリーカードだけ買ってあとは買わないことが多いです。

カメラが高い上に+αでお金がかかるのはわかりますが、せっかく買ったカメラを少しでも大切に使いませんか?

中には必ず買っていただきたいものもあるので、最後まで読んでみてください。

 

三脚

三脚の主な目的ですが、簡単にいうと写真や動画のクオリティーをあげるため。

1.ブレないで撮れる
写真はもちろん、動画もブレないで撮ることが大切です。固定して撮りましょう。

2.三脚でしか撮れないものもある
水の流れが止まって見える写真やホタルの写真などは、三脚が必須です。

ぼくが持っている三脚をつけたらこんな感じになります。

この三脚の特徴として、脚をたためてコンパクトにできるので持ち運びに便利です。

三脚で写真をもっとキレイに撮りましょう。

 

フィルター

主にレンズを守ってくれる役割です。

フィルターにキズが付いても数千円ですみますが、レンズなら数万円です…。

しかも、修理に出すのでしばらくカメラをいじれません。

でも、もしフィルターに傷がついても買い換えればいいだけです。



これがつける前



これがつけた後

わかりづらいですがちゃんとついてます。これならほぼ安全です。

カメラケース

必須中の必須。必ず買ってほしいです。

理由はもちろん、傷をつけないため。SONY α5100がちょうど入ります。

このカメラケースの特徴として、前にポケットがあるのでメモリーカードなどを入れることができます。

あとは、背中にベルト通しがあります。

 

ボディーケース

これもカメラケースと同じでカメラに傷をつけないためです。



実際につけたらこんな感じになります。

革なので少しおしゃれに見えますね。

このボディーケースの特徴として、①ケースをつけたままバッテリーの交換②充電ができることです。

わざわざつけ外すのはちょっとめんどくさいですよね。

ちなみに色はブラウン、ブラック、ホワイトの三色です。

詳しくはこちらをご覧ください。

LCS-EBDを使ってみた

 

 

メモリーカード

128GBは少し高いですが、写真や動画をたくさん撮れるし、容量を気にしないで撮れるのでいいと思います。

値段が気になる方は64GBでも問題ないです。

 

メンテナンス品

初心者の方でよく忘れるのが、メンテナンス品です。

ぼくも最初は買いませんでしたが、気づけば小さいゴミが写真に写り込んでいた経験があります。

そうならないように最低限のメンテナンス品は必要不可欠だと思います。

 

ブロアー

隙間に入ったホコリやチリを空気の力で吹き飛ばすアイテムです。

 

レンズペン

レンズについた指紋や小さな汚れを落とすことができるアイテムです。

 

クリーニングクロス

メガネでいうメガネ拭きです。

ティッシュやタオルなどで拭くと、小さな傷がついちゃうので専門のアイテムで拭きましょう。

 

液晶保護フィルム

これは液晶に傷がつくのを守ってくれるフィルムになります。

わかりづらいですが、よく見ると細かい傷がたくさんついてます。

フィルムがついていないと大変ですね。

先ほど説明したクリーニングクロスで、指紋や汚れも取れやすいのでオススメです。

 

レンズフロントキャップ

これは先ほど説明したフィルターにつけるものになります。

レンズを守るフィルター。フィルターを守るレンズフロントキャップです。

実際につけるとこんな感じになります。

 

アクセサリー類は以上となります。

写真のクオリティーを上げるためやカメラに傷をつけにくくするために、選び抜いたものだけを紹介しました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

だいち〈@daichi_self_pro 〉でした。