健康

胸式呼吸と腹式呼吸はこんなにも違います / いろんな視点で解説

呼吸は大きく「胸式呼吸」と「腹式呼吸」に分けられます。

使う場面を間違えれば悪影響ですが、タイミングが合えばものすごい効果です。

胸式呼吸と腹式呼吸の違いを正しく理解して、日頃の生活や仕事に役立てましょう。

 

胸式呼吸と腹式呼吸の違い

胸式呼吸と腹式呼吸の違いを、効果・悪影響・見分け方にわけて解説します。

では、見てきましょう。

 

効果が違う

胸式呼吸の効果

・交感神経が活発になる

・トレーニング効果が高まることがある

腹式呼吸の効果

・腰痛の改善

・リラックス効果

・歌が上手くなる

・お腹が引き締まる

 

どちらとも心身ともにいい効果です。ダイエット効果もあります。

しかし、胸式呼吸はデメリットもあるので、行うタイミングが難しいのが難点です。

それに比べ腹式呼吸は、デメリットがないので基本的にはいつ行っても問題ありません。

 

悪影響も全然違う

胸式呼吸の悪影響

・のどを痛めやすい

・高い音が出にくい

・伸びのある声が出にくい

・息をうまくコントロールできない

腹式呼吸の悪影響

・特になし

 

胸式呼吸のデメリットはなんといっても、のどに悪いです。

一般人なら問題ありませんが、声を活かす職業(歌手、ナレーター、声優など)の人にとっては最悪です。

それに対し腹式呼吸のデメリットは特にありません。

 

見分け方は簡単

胸が膨らむか。お腹が膨らむか。

これが簡単な見分け方になります。

胸式呼吸は胸が膨らむ呼吸に対し、腹式呼吸はお腹が膨らみます。

胸が膨らんだら胸式呼吸。お腹が膨らんだら腹式呼吸です。

 

<スポンサーリンク>

胸式呼吸のやり方

意識するとわからなくなりますが、普段してる呼吸が胸式呼吸です。

胸式呼吸のコツを説明しましょう。

①正しい姿勢で行う

②お腹を膨らませない

③肋骨の中にある風船を膨らませるイメージ

順番に紹介します。

 

①正しい姿勢で行う

大前提として、正しい姿勢で行わないとうまく息を吸えません。

猫背などの悪い姿勢では、肋骨が広がりにくいです。

まずは正しい姿勢が大切。

 

②お腹を膨らませない

お腹を膨らませる呼吸は腹式呼吸になります。

胸式呼吸をするさいは、お腹が膨らんでいないかチェックしましょう。

 

③肋骨の中にある風船を膨らませるイメージ

肋骨の中に風船があるイメージをしてください。

息を吸うときにその風船が膨らむイメージをしましょう。

そのとき、自然と肩が上がればうまくできています。

 

胸式呼吸のメリット、デメリットなど。胸式呼吸について詳しく知りたい人はこちらがおすすめ。

胸式呼吸のデメリットは主に4つです【声を活かしている人は注意】

<スポンサーリンク>

腹式呼吸のやり方

腹式呼吸のやり方を説明する前に、女性は注意してください。

女性は衣服などの関係でやりにくく、胸式呼吸が高い傾向なので少し難しいかもしれません。

ではさっそく、腹式呼吸のやり方を5つに分けて説明します。

①全身の力を抜く

②息を吸う前に、息を吐く

③鼻からゆっくりと吸う

④吸ったときにお腹を膨らませる

⑤吸うときの倍かけて口から吐く

順番に紹介します。

 

①全身の力を抜く

腹式呼吸をする前に、全身の力を抜いてください。

特に初心者は、肩に力が入りやすいので注意しましょう。

 

②息を吸う前に、息を吐く

肺の中にある空気を「吐く」ことから始めます。

肺の中を空っぽにすることで、息をたくさん吸えるようになります。

 

③鼻からゆっくりと吸う

このときに

1.背中を反らないようにする
2.肩や首に力が入らないようにする
3.胸が膨らまないようにする

この3つを注意して鼻からゆっくりと吸いましょう。

 

④吸ったときにお腹を膨らませる

イメージとしては、おへその下あたりに風船があると想像してください。

この風船を膨らませるようにして、お腹を膨らませましょう。

※このとき、肩や首に力が入らないようにする。動くのはお腹の風船だけ。

 

⑤吸うときの倍かけて口から吐く

3秒かけて吸ったら、6秒かけて息を吐く。

吸った時間の倍かけて吐きましょう。

 

腹式呼吸のメリット、デメリットやコツなど。詳しく知りたい人はこちらがおすすめ。

腹式呼吸のメリットは主に4つです【やり方も解説します】

<スポンサーリンク>

まとめ:胸式呼吸と腹式呼吸は全然違う

胸式呼吸と腹式呼吸は全然違いますね。

行うタイミングや職業によってメリット、デメリットも大きく違います。

それぞれの違いを正しく理解して、日頃の生活や仕事に役立ててほしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

だいち〈@daichi_self_pro 〉でした。