健康

体が硬くなる原因はたった1つです【日頃のストレッチが大切】

体が硬くなる原因はたった1つです【日頃のストレッチが大切】
相変わらず体硬いんだけど原因ってなんだろ

詳しく知りたいな〜。…ってイテテッ。

こんな悩みをスッキリさせる内容になってます。

整骨院で働いている友達とプロスポーツチームのトレーナーをしている友達に聞きました。

前半では、体が硬くなるたった1つの原因について。

後半では、その解決策を3個紹介します。

読み終えるころには、体が硬くなる原因とその解決策をわかっている状態です。

体が硬くなる原因はたった1つ

さっそくなんですが、いきなり本題にいきます。

体が硬くなるたった1つの原因は、体を動かしていないからです。

なにか特別な理由を探していた人はすみません。

しかし、これこそ体が硬くなるたった1つの原因です。

なので、普段から運動しましょう。

…って言われても納得いきませんよね。

そんな簡単にできたら体硬くないし

おっしゃる通りです。

なので、体が硬い人向けにおすすめの解決策を3個紹介します。

簡単だし、体が柔らかくなること以上のメリットがありますよ。

体が硬くて困っている人は、ぜひ試してみてください。

 

<スポンサーリンク>

体の硬い人はデメリットを6個抱えています

解決法を紹介する前に、体が硬いことで引き起こすであろうデメリットを紹介します。

それが以下の6個です。

  1. 太りやすい
  2. ケガをしやすくなる
  3. 姿勢が悪くなりやすい
  4. 疲れやすい&疲れにくい
  5. 肩こり、腰痛が出やすくなる
  6. 冷え性、むくみが起きやすくなる

簡単に説明すると、体が硬いことで負のループにはまっています。

負のループ

①体が硬くなる

②血流が悪くなる

③太りやすい、ケガしやすい

④姿勢が悪くなりやすい

⑤疲れやすい

⑥肩こり、腰痛が出やすい

⑦冷え性、むくみになりやすい

②に戻る

つまり、②の血流が悪くなることが全ての原因になります。

ということは、血流を良くすれば悩みを解決できるわけです。

これから紹介する解決法には、血流を良くするための方法を紹介しました。

ぜひやってみてください。

ちなみに、体が硬いデメリットについてはこちらを見てみてください。

体が硬いデメリットは主に6個です【めちゃめちゃ健康に悪い】

いますぐ体を柔らかくしないと…!

こう思うようなデメリットが並んでます。

危機感を覚えて、さらに体を柔らかくしようと思うでしょう。

 

<スポンサーリンク>

体が硬い人におすすめの解決策3選

体が硬いことで抱えてしまうデメリットがわかったところで、体を柔らかくする3つの解決策を紹介します。

それが以下の3つです。

  1. お風呂
  2. 筋トレ
  3. ストレッチ

順番に紹介しますね。

 

お風呂

温かいお湯に浸かることで血流が良くなります。

血流が良くなることで、栄養分や酸素を身体中に運びます。

また、体内の老廃物が出やすくなります。

つまり一石二鳥ということですね。

ちなみに、シャワーだけではお風呂に比べて効果が薄いです。

 

筋トレ

筋トレをすると、体が硬くなるイメージがある人が多いでしょう。

しかしそれは間違えです。

ある研究結果によると、トレーニングをしたグループはトレーニングをしていないグループと比べて、柔軟性が上がっていました。

さらに、トレーニングの量が大きく、筋力の向上が大きいほど、柔軟性が上がった報告もあるんです。

条件は限られていますが、筋トレで体が硬くなるどころか、柔らかくなることが証明されています。

 

ストレッチ

体を柔らかくする上でストレッチは欠かせません。

ストレッチの主な効果は以下の8個です。

  1. 集中力の維持
  2. 疲労回復の効果
  3. 基礎代謝がアップ
  4. 睡眠の質が上がる
  5. 可動域が広くなる
  6. 身体が柔らかくなる
  7. 筋肉痛やコリの改善
  8. ケガの予防につながる

体が柔らかくなる効果のほかに、7個のメリットがあるんです。

ストレッチってたしかにめんどくさいです。

実はいうと毎日やるって決めてるんですが、だいたい週5〜6回で済ませちゃいます。(笑)

でもストレッチをやるって決めてから、4ヶ月ほど続いてます。

それは圧倒的なメリットがあるから。

先ほどあげた8個のメリットって日常生活で欠かせませんよね。

むしろストレッチをやらないと、8個のメリットを得られません。

毎日数分でもいいので、やってみませんか?

続ければ続けるだけ、心身ともに良いことだらけです。

ストレッチの効果に関しては、こちらの記事を読んでみてください。

ストレッチの主な効果は8個です【心身ともにリラックスできる】

もっと体を柔らかくしようと思えば嬉しいです。

 

<スポンサーリンク>

普段から体が硬くなる原因を作らないようにしよう

これまでの復習をします。

まとめ

①体が硬い原因は、体を動かしていないから

②体が硬いデメリットは主に6個

  1. 太りやすい
  2. ケガをしやすくなる
  3. 姿勢が悪くなりやすい
  4. 疲れやすい&疲れにくい
  5. 肩こり、腰痛が出やすくなる
  6. 冷え性、むくみが起きやすくなる


③解決策は3つ

  1. お風呂
  2. 筋トレ
  3. ストレッチ

体が硬い原因と硬いことで引き起こすデメリット、そして3つの解決策でした。

体が硬いデメリットストレッチの効果も確認してほしいです。

よりストレッチをやる気になるはずですよ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

だいち〈@daichi_nomad 〉でした。