SNS

ブログをやる意味は発信力とブランディングのため【ブログ歴2年】

ブログをやる意味は発信力とブランディングのため【ブログ歴2年】

まず最初に、ぼくは「ただの一般人」です。

なにかの専門家でもなければ著名人でもありません。

しかし、専門家や著名人じゃなくてもブログをやる意味はあるでしょう。

それは主に発信力ブランディングのためだと思います。

では、本編で解説しましょう。

 

一般人がブログをやる意味と6個のポイント

結論は“発信力”と“ブランディング”のためです。

一般人がブログをやると主に6個のメリットがあります。

権威性を持てる
個人でお金を稼げる
アウトプットができる
その分野で詳しくなって、信頼につながる
知らなかった情報・人・考え方に出会える
自己メディアを持ち、自分を知ってもらえる

順番に解説しましょう。

 

権威性を持てる

権威性とは簡単にいうと

「あのブランドなら」
「あの会社のサービスなら」
「あの人がオススメする本なら」

というように、あの〇〇だったら間違いないと思わせることです。

「教師歴20年の私が選ぶ買う価値のある辞書5選」
「お米農家さんがイチオシするお米ランキングベスト3」
「札幌市民がオススメする美味しいジンギスカン屋さんベスト3」

説得力があるように見えませんか?

もう一つ例を挙げるとこの記事のタイトルにもありますが、ぼくはブログ歴が2年です。

もしぼくがブログ初心者だと説得力ないですよね?

ブログ歴が2年なので、ある程度の説得力があるんです。

これが権威性になります。

 

個人でお金を稼げる

発信力とブランディングがある程度持っていると

個人でお金を稼ぐことができます。

ライター
YouTuber
エンジニア
プログラマー
Webマーケター
イラストレーター
ブログ・アフィリエイト などなど

もちろん、必要ではない場合もありますが

発信力とブランディングがあると個人で稼ぎやすのは確かです。

例えばYouTubeで

「ヒ○キンがコンビニで選ぶ美味しいデザートベスト3」

「ぼくがコンビニで選ぶ美味しいデザートベスト3」

たぶん99,9%の人がヒ○キンさんの動画を見ますよね。

これは「ヒ○キン」というブランドと発信力があるからです。

このように発信力とブランディングを持っていると

個人でお金を稼げるようになります。

 

アウトプットができる

アウトプットとは一般的に

・何かを生み出すこと・発信すること

・知識や情報を目に見える形にすること をいいます。

例えば

「本で得た知識をブログで発信する」

「SNSで自分のアカウントを生み出す」

などが代表的なアウトプットかと思います。

学校で習った勉強内容だったり、会社で教えてもらった専門用語などを

SNSやブログでアウトプットすることで

インプット⇆アウトプットの関係ができます。

そうすることで新しく学んだことを頭に定着・整理することができます。

 

その分野で詳しくなって、信頼につながる

例えば日々筋トレをして

「なにを食べているか」

「なにをトレーニングしたか」

「どれだけ筋トレの効果が出ているか」

など、ブログやSNSで筋トレのことをたくさん書くと

ブログを読んでくれた読者に

「この人は筋トレに詳しいんだな」

と、思われますよね。

そうすると筋トレに詳しいことを知ってもらえます。

さらに続けていくと、それは信頼に変わります。

「あの人が言ってるから間違いない」

というように、権威性に近いものになっていきます。

 

知らなかった情報・人・考え方に出会える

ただの学生・ただの社会人・ただの主婦がブログをやると

インターネット上で自分のことを知ってもらえます。

そうすることで知らなかった情報・人・考え方に出会えます。

同じブログ仲間ができて実際に会うこともあれば

知らなかった情報を知れたり、いろいろな考え方に触れてさらに強みを活かせたり

ブログをやるだけでいいことが起きます。

 

自己メディアを持ち、自分を知ってもらえる

自分から発信することで第三者に知ってもらえます。

※家族、友人、親戚、パートナー以外に発信するのが前提です

インターネット上で自分の居場所を作るとなにかと便利です。

例えば自分で作った作品を自分のサイトで売ったり

自分のお店を運営していたら宣伝もできますね。

簡単にはいきませんがやる価値は十分にあります。

 

<スポンサーリンク>

ブログをやる意味がわかるために大切な2つのキーワード

そもそも発信力とブランディングとはなんでしょうか。

ブログ歴2年で得た知識を解説します。

 

発信力とは

自分の意見や考えを相手にわかりやすく伝えられる能力であり、ただ発信するだけでありません。

ブログやSNSで自分の思いを伝えたりすることで鍛えられるものだと思います。

一朝一夕で鍛えられるものではないので、日々の積み重ねが大切です。

 

ブランディングとは

あなたが飲食店を開業してもなかなか人が入ってきません。

理由は簡単で無名だからです。まずは知名度を上げます。

もしくは、料理の腕を磨いたりお店の雰囲気を変えてみたり

お客さんにとって“このお店は美味しかった”と思われるようなことをする。

これらがブランディングということです。

ブランドとして認知されていないものをブランドに育て上げる、あるいはブランド構成要素を強化し、活性・維持管理していくこと。また、その手法。※Wikipediaから抜粋 

 

<スポンサーリンク>

まとめ

一般人のぼくがブログをやる意味を解説しました。

ぼくは発信力とブランディングのためだと思いますが

そのほかにもブログをやる意味はあると思います。

ブログをやったところでされど一般人でしょ?

と、思った人もいるかも知れません。

でもよく考えてみてください。

①ブログをやっている一般人
②ブログをやっていない一般人

圧倒的にブログをやっていない一般人の方が多いはずです。

ってことはですよ?

ブログを始めるだけで一般人より優位に立てるわけです。

そこからお金を稼いだり、インターネット上の友達ができたら最高ですよね。

一般人のあなたもブログをやってみませんか?

ぼくが初めてワードプレスでブログを始めたときは

このサイトを見ながらやりました。

WordPress(ワードプレス)ブログの始め方を初心者でも絶対わかるように解説する!

興味があったら見てみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

だいち〈@daichi_nomad 〉でした。