Apple

【AirPods Pro】ノイズキャンセリングが神です【10日間使った感想】

【AirPods Pro】ノイズキャンセリングが神です【10日間使った感想】
AirPods Proのノイズキャンセリングってどんな感じなんだろ

使ってみた感想を聞いてみたいな〜

こんな疑問を解決できる内容となってます。

実際に10日使ってみた感想を解説します。

前半は、ノイズキャンセリングについて。

後半は、いい点と気になる点について解説します。

読み終えるころには、ノイズキャンセリングのすごさとAirPods Proの性能をわかっています。

AirPods Proのノイズキャンセリングが神です

初めてつけたとき、家の暖房が消えたんですよ。

耳につけた瞬間、暖房が消えました。

「あれ、消したっけ?寒いからつけないと」そう思って耳から外すと、今度は暖房が勝手につきました。

頭の中は“?”でいっぱいです。

10秒ぐらい考えてようやくわかりました。

暖房が消えたんじゃなくて、暖房の音が聞こえなくなっただけでした。

これがノイズキャンセリングですね。

感動して、耳に付けて⇄外してって5回ぐらいやりました。(笑)

家に届いてから10日経ちますが、ノイズキャンセリングを使うたびに感動してます。

いつも聴いてた音楽や、YouTubeの小さい効果音にもびっくりするようになりました。

おかげさまで、ホラーゲームの実況にびびりまくりです。

バスや地下鉄などの公共機関でも使いましたが、周りの音が全く聞こえないし、音楽に集中できるようになりましたね。

あなた
あなた
音楽に夢中になりたい…!

こんな人におすすめ。マジで感動するよ。

 

<スポンサーリンク>

AirPods Proのいい点

次にAirPods Proのいい点を紹介します。

主に以下の7個です。

  1. 接続が簡単
  2. 疲労感が少ない
  3. ケースがコンパクト
  4. 多少の耐汗・耐水性
  5. イヤーチップが3パターン
  6. 外部音取り込みモードが便利
  7. コードがないのでごちゃごちゃしない

順番に紹介しますね。

※先ほど紹介したノイズキャンセリングは入れてません。

 

接続が簡単

iPhoneとMacBookを使ってるんですが、接続が簡単です。

1分もかからないで接続できますよ。

機械音痴でも簡単にできました。

 

iPhoneとAirPods Proの接続方法

①iPhoneの設定からBluetoothをONにします

 

②AirPods Proのケースを開いて、背面のボタンを数秒間長押し

※白いランプが点滅するまで長押し

 

③iPhoneの画面に出る“接続”をタッチ

たったの3ステップで接続できるんです。

この画面が出てきたら接続完了になります。

しかも2回目からは、BluetoothをONにした状態で、AirPods Proを耳につけるだけでOK。

次にMacBookとAirPods Proの接続方法です。

 

MacBookとAirPods Proの接続方法

①デスクトップの左上にあるリンゴをタッチ

 

②システム環境設定をタッチ

 

③Bluetoothをタッチ

 

④“Bluetoothをオンにする”をタッチ

※画面下に見える“メニューバーにBluetoothを表示”にチェックを入れましょう。

次からは、デスクトップからBluetoothをオンにできます。

 

⑤AirPods Proの裏にあるボタンを数秒長押し

※白いランプが点滅するまで長押し

 

⑥MacBookの画面であなたのAirPods Proと接続する

以上、6ステップで接続完了となります。

最初は戸惑うかもしれませんが、2回目からは簡単にできますよ。

 

疲労感が少ない

以前はiPhoneの純正イヤホンをつけていましたが、長時間つけていると耳が痛くなってきました。

でもAirPods Proだと、イヤーチップなので痛くなりづらいです。

カフェでの作業や通勤時間など、長い間イヤホンを使う人におすすめ。

 

ケースがコンパクト

iPhone7の3分の1ぐらいです。

AirPods Proの大きさ

幅:60.6㎜
高さ:45.2㎜
厚さ:21.7㎜

気づけば失くしそうなので、カラビナをつけられるケースを買っておきましょう。

 

多少の耐汗・耐水性

AirPods Proは耐汗・耐水性なんです。

でも注意点が二つあります

①AirPods Proの本体が耐汗・耐水性ですが、ケースは違います。

②防汗・防水ではなく、耐汗・耐水性です。

お風呂やシャワーは無理なので、注意してください。

 

イヤーチップが3パターン

耳にはめるところのイヤーチップが大・中・小と3パターンあります。

おれの耳でかいけど合うかな?
私の耳小さいけど合うかな?

こんな人でも大丈夫です。

心配な人は、友達や知人に一度借りる。

もしくはお店でつけてみましょう。

 

外部音取り込みモードが便利

この機能を使えば、イヤホンをつけていないようなレベルで、外の音が自然に聞こえるようになります。

外側についているマイクが音を拾い、自然にイヤホンの音声として流しているからです。

ノイズキャンセリングとは正反対の機能になりますね。

  • 外部音取り込みモードは、会話中、レジ、移動中
  • ノイズキャンセリングは勉強、筋トレ、作業中

こんな風に使い分けるのがいいでしょう。

 

コードがないのでごちゃごちゃしない

これが地味に嬉しい。

以前はiPhoneの純正イヤホンをつけていました、コードがごちゃごちゃしてストレスが溜まってました。

リュックの中で絡まるわ、コードを引っ張って耳から取れるわ…。

けっこうストレスが溜まってました。

しかしAirPods Proにした途端、ストレスフリーになりました。

コードがないだけで、これだけストレスがなくなるとは思ってませんでしたね。

 

<スポンサーリンク>

AirPods Proの気になる点

なにも“すべてが完璧なイヤホン”ではありません。

気になる点だってあります。

それが以下の7個です。

  1. とにかく高すぎる
  2. 手に入るのが難しい
  3. ケースも買わざるを得ない
  4. イヤホンで音量調整できない
  5. 人によっては失くしやすいかも
  6. イヤーチップが合わない人もいる
  7. ノイズキャンセリングって実は危ない…?

順番に解説しますね。

 

とにかく高すぎる

高い!高すぎる!

イヤホンで3万超えって!(笑)

ホントはかなり前から気になってたんですが、値段を見て買うのをためらってました。

バイト代が月に6万円なんですが、AirPods Proは3万越え。

物欲がほとんどないんですが、これだけはずっと迷ってたんです。

迷ってる時間がもったいないと思って買いましたが、買ってよかったですね。

今では大満足です。

 

手に入るのが難しい

すごい人気なので、すぐ売り切れになります。

以前、Amazonで買ったときは数日で売り切れになりました。

迷ってる人はいますぐ買うことをおすすめ。

迷ってるときに売り切れになったり、何千円も高い値段で売ってることなんてザラにあります。

たしかに高いですが、後悔しない買い物だと断言できます。

 

ケースも買わざるを得ない

スマホを買ったらケースも買いますよね。

  1. 滑りやすいから
  2. 個性を出したい
  3. 傷つけたくないから
  4. オシャレに見せたいから

AirPods Proも同じです。

本体を買うということは、半強制的にケースも買わざるを得ません。

しかし、安くて1000円ぐらいなので、そこまで気にならないです。

 

イヤホンで音量調整できない

AirPods Proでは、本体で音量調整できないんです。

スマホやパソコンなどで音量調整するしかありません。

上げすぎたら音漏れするし、低かったら周りの音聞こえちゃうし。

これはちょっと気になりますね。

 

人によっては失くしやすいかも

ホントに小さいです。

AirPods Proの大きさ

幅:60.6㎜
高さ:45.2㎜
厚さ:21.7㎜ 

でもカナビラをつけられるケースを買うことで、失くす確率をかなり下げられます。

ぼくが使っているケースは、カナビラを付けられます。

色も4種類あるのでおすすめです。

ぜひチェックしてみてください。

 

イヤーチップが合わない人もいる

耳にはめるイヤーチップが大・中・小と3パターンあるんですが、これでも自分の耳に合わない人がたまにいます。

そういう人は無理をしないで買わないようにしましょう。

買いたい気持ちはすごくわかりますが、耳に合わないイヤホンを買ったってもったいないです。

3万もするイヤホンを無駄遣いにしたくないですよね。

素直に諦めましょう。

こればかりは仕方ないです。

気になる人は友達や知人、お店で一度つけてみましょう。

 

ノイズキャンセリングって実は危ない…?

有能なノイズキャンセリングですが、外部からの音が聞こえないということは、危ない可能性もあります。

車のクラクションや公共機関のアナウンスなどは聞こえにくいですね。

当たり前ですが、車やバイク、チャリでは絶対につけないでください。

事故る確率上がります。

しかし、そんなときに外部音取り込みモードを使うんです。

でも車やバイク、チャリに乗っていてもAirPods Proはつけないでくださいね。

 

<スポンサーリンク>

AirPods Proを10日間使ってみた感想

改めてAirPods Proを使った感想を紹介します。

AirPods Proのいい点
  1. 接続が簡単
  2. 疲労感が少ない
  3. ケースがコンパクト
  4. 多少の耐汗・耐水性
  5. ノイズキャンセリングが神
  6. イヤーチップが3パターン
  7. 外部音取り込みモードが便利
  8. コードがないのでごちゃごちゃしない

毎日使ってますが、お気に入りに一点ですね。

「音質がイマイチかな〜」こんな声を聞きますが、普段使う分には問題なしです。

数年以上使うと断言できます。

 

AirPods Proの気になる点
  1. とにかく高すぎる
  2. 手に入るのが難しい
  3. ケースも買わざるを得ない
  4. イヤホンで音量調整できない
  5. 人によっては失くしやすいかも
  6. イヤーチップが合わない人もいる
  7. ノイズキャンセリングって実は危ない…?

特に気になるのは、①②④ですね。

✔︎とにかく高すぎる

✔︎手に入るのが難しい

✔︎イヤホンで音量調整できない

この3つの壁さえ乗り越えれば、あなたのお気に入りのひとつに加わります。

よかった点・気になる点と解説しましたが、総合的に見ても買ってよかったと心から思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

だいち〈@daichi_nomad 〉でした。