健康

【簡単】絶対に眠れる方法を解説します【今夜からやってみて】

簡単】絶対に眠れる方法を解説します【今夜からやってみて】

眠れない夜ってほんと辛いですよね。

眠れないときはなにしても眠れないです…。

そんな夜もこの方法を使えば一発で眠れます。気づけば朝になってますよ☀️

布団の中にいる人は今すぐやってみてください。

最近眠れない人も今夜やってみてください。

さっそく絶対に眠れる方法を解説していきましょう。

 

絶対に眠れる方法

絶対に眠れる方法を3ステップに分けて解説します。

ステップ1 アラームをかける

別にアラームをかけなくてもいいんですが、まず最初にアラームをかけてください。

理由は、寝る直前までなるべくスマホを使ってほしくないからです。

後ほど詳しく解説しますが、スマホを使うことで眠りづらくなるので。

 

ステップ2 読書、ストレッチ、腹式呼吸をする

順番はお任せしますが、なるべく組み合わせてください。

読書+腹式呼吸、ストレッチ+腹式呼吸、読書+ストレッチ。

その方が心身ともにリラックスできて、より眠りやすくなります。

 

ステップ3 腹式呼吸をしながら、心の中でゆっくりしゃべる

最後の仕上げです。

腹式呼吸をしながら心の中でゆっくりしゃべってください。

今日がんばれたこと、がんばったこと、明日がんばること、などがオススメ。

信じれないかもしれませんが、以上3ステップを合計30分ほど行うと気づけば朝になってます。

 

<スポンサーリンク>

なんで絶対に眠れるのか解説する

なんで3ステップを行うと眠れるのか?

それぞれ解説しましょう。

 

スマホを触らない理由

自然に寝るためには、脳から分泌される「メラトニン」というホルモンの量によって決まります。

スマホやパソコン、タブレットなどの画面を見ると脳が覚醒して、メラトニンの分泌量が下がります。

なので、スマホを触らないことで眠りやすくなります。

 

読書はストレス解消の効果がある

イギリスのサセックス大学がストレス解消に対する研究を行ったところ

読書が一番のストレス解消に効果があったんです。

①読書は68%

②音楽試聴は61%

③コーヒータイムは54%

④散歩は42%

⑤テレビゲームは21%

それそれストレス解消に効果がありました

しかも、読書は静かな場所ほど効果が高かったので、寝る前の読書はタイミング的にベストなんです。

 

ストレッチはリラックスできるため

ストレッチをすることで、リラックスモードである副交感神経が優位になります。

副交感神経が優位になると、心拍数や血圧を下がり、自然に眠れやすくなる。

つまり、ストレッチをすることで自然に眠れやすくなるんです。

 

腹式呼吸は自律神経を整えてくれる

自律神経が整うことでホルモンの分泌や免疫のはたらきが正常になる。

また、腹式呼吸行うと「セロトニン」というホルモンが分泌されます。

このセロトニンですが、先ほど説明したメラトニンの原料になるので非常に大切です。

腹式呼吸について詳しく知りたい人はこちらを読んでください。

 

<スポンサーリンク>

あなたも今日から絶対に眠れます

これであなたも眠れるはずです。

Twitterで同じような内容でツイートしてみました。

すると、最近寝つきが悪いというフォロワーさんが試してくれました。

その結果…

 

気持ちよく寝れたそうです。力になれてよかった!

あなたもぜひ今夜からやってみてください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

だいち〈@daichi_nomad 〉でした。