健康

腹式呼吸と胸式呼吸のメリット、デメリットをそれぞれ解説します

腹式呼吸と胸式呼吸のメリット、デメリットをそれぞれ解説します
腹式呼吸と胸式呼吸のメリット、デメリットをそれぞれ知りたいな〜

こんな悩みを解決できる内容になってます。

呼吸は大きくわけて2種類あります。

  • 腹式呼吸
  • 胸式呼吸

それぞれのメリットとデメリットをわかりやすく解説しています。

前半は、腹式呼吸のメリットとデメリットを。

後半は、胸式呼吸のメリットとデメリットを解説しますね。

読み終わるころには、それぞれのメリットとデメリットについて詳しくなっています。

腹式呼吸のメリットは主に3つ

ではさっそく腹式呼吸のメリットを紹介しましょう。

メリットは主に3個です。

  1. 腰痛の改善
  2. リラックス効果
  3. 歌が上手くなる

順番に解説していきますね。

 

腰痛の改善

腹式呼吸をすると腹圧が高まります。

腹圧とは骨盤とおへその間にある空間のことをいいます。

腹圧が高まることで姿勢が整って、腰痛を改善することができます。

しかも姿勢が良くなると、便秘も改善してくれるんです!

腹式呼吸で腰痛と便秘を改善しましょう。

 

リラックス効果

腹式呼吸をすると“横隔膜”が動きます。

横隔膜の刺激で副交感神経が整って、心身ともにリラックスできます。

リラックスしてると〈セロトニン〉というホルモンが分泌され、うつ病や律神経失調症の予防策になります。

しかも他のホルモンの分泌や免疫のはたらきが正常になるんです。

落ち込んでるときや焦っているときは、腹式呼吸を繰り返してリラックスしましょう。

 

歌が上手くなる

“胸”でする胸式呼吸とは違い、腹式呼吸は“腹”でします。

そのため喉に力が入らないので、発声が楽にできます。

他にも歌が上手くなる理由が4つほど。

  • のどを痛めない
  • 長時間歌っても喉が疲れない
  • 大きな声、高い音が無理なく出せる
  • ロングトーンや長いフレーズが楽に歌える

これらのメリットで、歌が上手くなる傾向があります。

また息を吐くのが上手くなるため、管楽器を演奏しやすいです。

 

腹式呼吸のメリットは主に3つですが、細かいメリットはまだまだあるんです。

  • 血圧が下がる
  • 心拍数が減る
  • 冷え性が治りやすい

腹式呼吸をやらない理由を教えてほしいぐらいです。

最初は意識する必要がありますが、慣れていくと無意識でできますよ。

 

<スポンサーリンク>

腹式呼吸のデメリットはありません

腹式呼吸のデメリットは特にありません。

ネットや図書館で調べても、紹介するようなデメリットはありませんでした。

ネット上ではチラホラ書かれていますが、信ぴょう性に欠けるのでノーカウントです。

 

<スポンサーリンク>

胸式呼吸のメリットは2つ

次に胸式呼吸のメリットです。

  1. 頭がスッキリする
  2. 胸周りの筋肉を動かしやすくなる

順番に解説しますね。

 

頭がスッキリする

胸式呼吸をすることで交感神経が優位になり、頭がスッキリしてきます。

試験前や仕事前、起きた直後にやることで効果的。

ここぞというときにやりましょう!

 

胸周りの筋肉を動かしやすくなる

胸式呼吸は名前の通り“胸”でする呼吸です。

胸を動かして呼吸をするので、自然と胸周りにある筋肉が動きます。

体を動かす前にやることで効果的。

 

<スポンサーリンク>

胸式呼吸のデメリットは2つ

最後に胸式呼吸のデメリットです。

  1. 肩こりが起きやすい
  2. 空気があまり吸えない

順番に解説していきます。

 

肩こりが起きやすい

胸式呼吸は胸でする呼吸なので、呼吸をするたびに胸周りの筋肉が勝手に動きます。

軽い荷物でも“持って⇄降ろして”を繰り返したら疲れてきますよね?

そんな感じで、胸周りにある肩の筋肉が少しずつ疲れていきます。

そして結果的に肩こりが起こってしまいます。

やりすぎは気をつけましょう。

 

空気があまり吸えない

腹式呼吸に比べて、胸式呼吸は空気をあまり吸えません。

歌う前や深呼吸には向いてません。

でもタイミングを間違えなけえば大丈夫です。

正しいタイミングで胸式呼吸をやりましょう。

 

腹式呼吸と胸式呼吸のメリットデメリットをそれぞれ解説しました

それぞれ読んだ人ならわかるでしょう。

腹式呼吸、胸式呼吸ともにタイミングが大切なんです。

デメリットもある胸式呼吸ですが、やる気を出したいときには向いてます。

でも寝る前の胸式呼吸は向いてません。

このように使いわけることで、デメリットを防ぐことが可能です。

メリットとデメリットをそれぞれ紹介しましたが、タイミングを気をつけましょうね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

だいち〈@daichi_nomad 〉でした。